海烏の半分は冗談で出来ています。

日記、思ったこと、メモ帳代わり。 わざわざ公開する必要あんのかくらいの文章を垂れ流していきます。 あと半分は勢い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

予告どおり

マビノギ話します。

と見せかけて違う話します。
東方シリーズっていうシューティングゲーム(STG)はご存知でしょうか?
名前は聞いたことがある、って方はたくさんいると思いますが、実際にやったという人は案外少ない気がします。
今回はその東方シリーズの新作の、「東方風神録」の話をしようと思います。


ゲームを開始するにあたってまずは難易度を選択します。
簡単な順番から、Easy・Normal・Hard・Lunaticの4つから選ぶことができます。
さてここで今回の風神録、いろいろなところで「(今までのシリーズと比べて)今回は難しい」とささやかれております。
さらに筆者の弾幕STGの腕前というと、東方シリーズのNormalがなんとかクリアできる程度のヘタレシューターでして。
まだ勝手もようわからんし、まずはEasyからやろうかな・・・と思ってたのですが、
えー、Easyモードぉ?」「キモーイ
Easyが許されるのは、小学生までだよねー」「キャハハハ
とか某動画で言われてたのを思い出してNormal選択。
おっさんにだってな・・・意地があんだヨォイ!




そんなわけで1面スタート。
まぁまだ1面ですしね、軽くウォーミングアップとか言っときましょう。
そうそう、東方シリーズが人気なワケのひとつに、BGMがとても良いってのがあるんですよ。
ここはひとつ、このさわやか~なBGMを聞きながらかるーく・・・

あ、中ボス・・・


ボゴーン!


ザコが!!

はっはっは。いやいやいや・・・
なかなか爽やかな旅になりそうですよね。
さて、1面道中は特にきつい弾幕もないので、際立った事故もなく安全安心爽やかに進行していきます。
途中一瞬殺気が漲った気がしますが気のせいです。

そんなこんなでボス登場。


あ、ボスと自機(黒い方が自機)の間にある緑の丸いのはオプションです。
パワーアップアイテムみたいなもんで、コレから色々なタイプの弾が出せるわけです。
例えばレーザーとか出せちゃうわけです。
このオプションのタイプは、ゲーム開始時に選んだものしか使えません。
途中でミサイルタイプからレーザータイプへ・・・みたいなことはできないということです。

ちなみに俺は高威力タイプとかいうとにかく威力重視のやつを・・・
ん?殺る気マンマンじゃないかって?
なんか悪いか?

はっはっは、いやいや失礼。
そんなまさか、まだ1面じゃないですか。
先は長いわけですし、のんびりいきましょうよのんびり。
別に秒殺しようとか思ってボスの目の前にオプション配置なんてしてませんよ。そんな大人気ない。



そんなわけでボス戦。
STGってたいていなんの説明もなく、ボスが出てきて倒してドーン!はい次の面。ってイメージがありますが・・・
東方シリーズはボス戦開始前にちょっとした会話があります。
出てくるボスがちょっとだけ印象強くなったりします。

ボス戦その2。


ひとつ前の画像にもありましたが、画像中央の上の方に文字が出てると思います。
1枚目には「オータムスカイ」、2枚目には「オヲトシハーベスター」と書いてあります。
これ、ボスが撃ってくる弾幕に名前がついてるんです。
さらに名前がついた攻撃をしてくるときは、一目でコレだとわかるような、特徴的な弾幕を展開してきます。
東方シリーズの他のSTGと一番違うところといいますか、特徴的なのがこのシステムです。
このシステムはスペルカードシステムといって、よくスペカとか略されます。
スペルカードシステム発動中にノーミスノーボムでボスを倒すと、スペルカードを取得したことになり、取得したスペルカードは記録されます。
スペルカードを取得したかしてないかで、ある程度腕前を量ったりできるわけです。
これによってボス一人一人が印象深くなって、東方シリーズは人気がでたんでしょうね。

とまぁここまで長々と解説っぽいものを書きましたが割とどうでもいい話なので読まなくていいです。
要はボスを倒・・・ぶっ殺すか死ぬかって話です。



せっかくだから俺は前者を選ぶぜ!
1面ボスごときが俺を止められると思うなよ!


はっはっは。さぁそんなわけで1面クリアいたしました。
2面以降もこんな感じで爽やかにクリアしたいと思います。
え、1面ボスの印象?
・・・えーと、なんかっぽかったかな。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/29(水) 02:26:11|
  2. ゲーム日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

海烏@UGSR

Author:海烏@UGSR
日々大学のレポートに追われていた大学生。
最近研究室にこもってるだけで実質NEET。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。